家にかかるお金

【家づくり】予想外にかかる注文住宅の費用10選と節約方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

注文住宅を建ててみて、家づくりってこんなにお金がかかるの?!と思ったことがたくさんあります。

我が家の経験談をもとに、思ったより費用がかかるなと思った項目とちょっとした節約ポイントもまとめます。

※各見出しに書いた金額はあくまで目安の額なので、参考程度に考えてくださいね!

うさ
うさ
これを知ったうえで家づくりを始めれば予算も決めやすいので要チェックです!

ハウスメーカーとの契約金:5万円〜100万円

ハウスメーカーに申し込むタイミングで契約金が必要となります。

我が家が契約したエステージは5万円だったのですが、大手ハウスメーカーだと100万円くらいかかるところもあるそうです・・!

おそらくどのメーカーさんも現金で支払いが必要になると思うので、契約前に営業さんへ確認してみてください。

土地の手付金:10万円〜数百万円

土地の契約時に売主さんに支払うお金です。
金額はその土地にもよりますが、土地代金の5~10%程度と言われています。

うさ
うさ
土地代が1000万だったら50万円〜100万円ですね

手付金は現金で支払う必要があるため、手元にある程度お金を準備しておく必要があります。

ただし、手付金は土地の仲介業者に交渉すれば減額できる可能性もあります!

我が家の土地はもともと手付金が50万円だったのですが、交渉の結果10万円に下げることができました。

家づくりには何かと現金も必要になってくるので、手付金を現金で用意するのが難しいと思っている方は一度交渉してみてくださいね。

土地の仲介手数料:30万円〜

土地の仲介業者さんには仲介手数料を支払う必要があります。

仲介手数料は【土地代金×3%+6万円】なので、1000万円の土地なら36万円くらいです。

土地の仲介手数料も土地決済のタイミングで現金で支払う必要があります。

我が家は住宅ローンに組み込んで仲介手数料を支払うことができたので、貯金を崩す必要がなく本当に助かりました。

うさ
うさ
エステージが紹介してくれた常陽銀行は土地決済のタイミングで全額融資してくれるシステムだったので、融資されたお金から土地の残代金や仲介手数料を支払いました。

登記費用(司法書士に支払う手数料):30万円〜

土地や建物を購入したら、自分の名義に変更する必要があります。

土地建物の広さや司法書士事務所によって金額は大きく変わりますが、我が家は40万円くらいかかりました。

この費用も土地決済のタイミングで現金で支払いました。

オプション費用:100万円〜

住宅展示場に行くと、広々したリビングに最新設備が整ったピカピカのキッチンがついているモデルルームを見ることができると思うのですが、その設備、全部オプションです。

全部別料金がかかる(と思ったほうが良い)のでハウスメーカーの出してくる基本料金だけでは絶対にモデルルームのようなお家は建ちません!!!

これいいなと思ったものを追加していくと、どんどんオプション費用が増えていきます。

うさ
うさ
我が家は最初に見積もっていたオプション代が100万円。打ち合わせが始まってから付けたオプションの合計額が200万円(!)だったので、節約のため泣く泣く諦めたオプションが複数あります涙

という訳でオプション費用は思っているよりもかかると覚悟しておいたほうが良いのですが、節約できるポイントもいくつかあります。

【オプション費用節約方法】

①ハウスメーカーとの契約前に、何が標準仕様なのか細かく確認しておく

②家族で必要なもの・不要なものをしっかり話し合い、付けるものを必要最低限にする

③施主支給が可能な場合、欲しい設備を自分で購入してコストを抑える

④紹介割引を使う
ハウスメーカーによりますが、知人からの紹介経由で契約した場合、何かしらの割引がある場合もあります。

インスタを見ていると一条工務店のi-smartで建てた方が紹介できますと発信しているのをよく見るので、直接の知り合いがいなければインスタで情報発信している方をチェックしてみるのもおすすめです!

エステージも紹介経由で成約すると特典があります。
私でよければ紹介できますので気軽にインスタのDMからご連絡ください♪

うさ
うさ
ありがたいことに多くの方から紹介希望のDMをいただくのですが、みなさまエステージに電話やメールをした後にDMをくださるので紹介制度の適用ができず、泣く泣くお断りしています・・(涙)

一度でも問い合わせしてしまうと適用できないので、紹介希望の方は必ずエステージに問い合わせる前にDMください!

(みなさまこのブログを見てDMくださって本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!ありがとうございます!)

地盤改良費用:10万円〜100万円

家を建てるまで知らなかった地盤改良費用!
地盤改良とはなんぞや?という方はこちらのHPを参考にしてみてください。

地盤改良が必要かどうかはその土地によりますが、もし必要な場合は最大で100万円程度かかるとハウスメーカーに言われました。

とてもラッキーなことに我が家は地盤改良不要だったのですが、設計士さんには「今まで担当してきた土地の9割以上は改良が必要だったので、いらない方が珍しい」と言われました。
なのでこの費用は必要になるものと考えておいたほうが良さそうです。

外構費用:100万円〜

庭を作ったり玄関アプローチを作ったり駐車場を整備したり、土地が広いとかなりかかります。

こちら我が家は想定外にかかりそうで、予算内におさまるか微妙なところです;
ハウスメーカーに申し込む段階で外構費用がどのくらいかかるかもっと考えておけば良かったと思いました。

節約ポイントとしては、ハウスメーカーに外構を手配してもらうと高い場合があるので、一括で複数社に見積もり依頼ができるサイト を使って複数社比較してみると良いと思います。

カーテンの費用:10万円〜

カーテンってけっこう高いですよね。

家が広くなると窓も増えるのと、大きな掃き出し窓をつけるとオーダーカーテンになってしまうので費用がかさみます。

設計の段階で窓を曇りガラスにしたり、天井近くに横滑り窓を設置してカーテンを付けなくてもお隣さんと目線が合わない+採光も取れるようにすると少しカーテン代を節約できると思います!

照明費用:10万円〜

照明も部屋の数だけ必要なので、まとめて買うとけっこうな金額がかかります。

それに、せっかくの新築なのでおしゃれなペンダントライトを付けたいし、ベッドの横には間接照明とか置きたいし・・・と思うと意外とかかってくる費用です。

家具家電購入費:10万円〜100万円

必ず必要なのが各部屋のエアコンです。

3LDKだとしても4つは必要なので、それだけで最低でも30〜40万はかかりますよね;

それに追加して洗濯機や冷蔵庫などを新しく買ったら家電だけで軽く100万円はかかるのではと思います。

うさ
うさ
家づくりって本当にお金がかかる!

家電の節約方法は、もしお住まいの近くに店舗があれば

・コストコで購入
・ビッグカメラアウトレットで購入

すると相場よりも安く買える可能性が高いです。

我が家はいつもビッグカメラアウトレットで家電を買っていて、こちらのハイアールの大きい冷蔵庫を送料込み8万円で購入できました。
(買った後にコストコで同じ冷蔵庫が7.6万円で売ってたのは見なかったことにしてます)

created by Rinker
ハイアール(Haier)
¥93,333
(2024/05/28 12:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

以上、家づくりを初めてから思ったよりお金がかる!と思った費用まとめでした。

少しでもこれから家を建てる方の参考になれば嬉しいです!

【最初にモデルハウス見学はNG】マイホーム購入前にやるべきこと4選後悔しない家づくりのために。マイホーム購入前にやっておけば良かったと後悔した体験談を紹介します。...
【27坪注文住宅】間取り公開&我が家の間取りの決め方やアイデアを紹介します先日の打ち合わせで我が家の間取りが決定しました! この記事では我が家の間取りを公開しつつ、 ・間取りはどんなことに気をつけて...
こちらの記事もおすすめ